化粧水の使い方と美容液

肌を気にする女性

年を重ねるごとにお肌が疲れ気味になっていくのは当然のことです。
しかし、少しでもそれを遅らせ、日々お手入れをしてあげることで、肌は必ずそれに答えてくれます。
朝晩のお手入れが中心な人がほとんどですが、そんな時間の無い中でも、できるだけ丁寧に扱うことが第一歩です。
もし今まで手のひらに化粧水を出してバシャバシャと顔につけるだけだったのなら、今日からそれをコットンに含ませてお顔をやさしくパッティングするやり方に変えましょう。
何度も手のひらに出しつけるのとは違い、化粧水の吸収がグンとアップし、パッティング効果でお肌も柔らかさを取り戻します。
そして忘れてならないのが美容液です。
これは美肌を目指すに欠かせないアイテムです。
たくさんつけることはしなくていいので、お肌全体にまんべんなくつけて、美容液で蓋をするようにお顔をパック状態にしてあげましょう。
これで朝まであなたのお顔は保湿され、それを吸収、お肌に浸透することで美肌の道は必ずや開けてきます。

紫外線対策や保湿や睡眠が大事

美肌をつくるには普段から意識的に肌をケアしていくことが大切です。
紫外線は肌にとってとても良くない影響があります。
何もケアをせずに紫外線を浴び続けているとシミやシワが出てきてしまいますし、くすみやすくもなってしまいます。
ですから、普段から紫外線対策をしてくことが大事です。
日焼け止めは一年中塗ることが良いです。
紫外線の強さは季節によって変動はありますが、いつでもあるので、毎日外出をする時には対策をしてくと良いです。
美肌になるためには肌の保湿もとても重要なことです。
保湿を怠っていると肌の老化が進んでしまいます。
保湿をするには化粧水のつけ方が大事です。
化粧水はたっぷりと一度に肌に染み込ませるのではなく、少しずつ徐々にたくさんの量を浸透させていくことが良いです。
一度には多くの量を肌は吸収できないので手のひらに少量の化粧水を出して丁寧にプレスをすることが良いです。
何回かに分けてプレスしていくと、しっかりと肌を保湿することができます。
化粧水の後には乳液も大事です。
化粧水の蓋がわりにもなるので、すぐにつけることが重要です。
年齢を重ねている人は乳液をつけた後でも少し肌が乾燥するような感じになってしまうこともあります。
そのような人は美容液をつけることが良いです。
美容液は肌が特に乾燥しやすい部分に塗ることが良いです。
肌には睡眠もとても大事です。
睡眠は適度な時間とることが良いのですが、あまり睡眠時間がとれていないとホルモンバランスが崩れやすくなってしまうので気をつけることが大事です。

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

オススメリンク